今話題となっているニュースを私なりに斬っています
エステ体験なら

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






朝青龍の復活優勝で、低迷していた人気が回復傾向にあった
大相撲界で激震が走りました。
十両若麒麟が大麻取締法違反容疑で逮捕されるという
スキャンダルが発覚。

昨日は、再発防止検討委員会の友綱副委員長や武蔵川理事長、
また、若麒麟の師匠、尾車親方(元大関琴風)がその対応に
四苦八苦してしている模様がTVで報道されています。

前回の大麻事件では、ロシア人力士の大麻使用が
次々と発覚しましたが、今回は日本人力士。
その上、若麒麟は前回のドーピング検査で2度も再検査をしていた
ことがわかり、その後も精密検査などは行なわれていないなど
協会側の対応のまずさも浮き彫りとなっています。

これで大相撲の大麻問題は、一部の外国人力士だけの問題では
ないということがはっきりしました。
再発防止委員会などを設置し、大麻問題を終結させようとしていた
相撲界にとって、今回の若麒麟の問題は非常に大きなダメージです。
不祥事続きの相撲界ににとっては、今回の問題によって、もはや
存続の危機に立たされているのではないでしょうか。










スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。