今話題となっているニュースを私なりに斬っています
エステ体験なら

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






厚生労働省が31日発表した6月の有効求人倍率(季節調整値)は、
5月より0・01ポイント減の0・43倍となり、2か月連続で
過去最悪を更新し、6月の完全失業率(季節調整値)も
5月より0・2ポイント悪化して5・4%となり、過去最悪の水準(5・5%)に
近づいてきました。

 製造業を中心に1部持ち直しの動きがあるようですが、
雇用情勢は、景気回復に遅れて改善する傾向にあることもあり、
以前、厳しい状況が続いています。

 しかも、6月の完全失業者数は348万人と前年同月比83万人増え
増加幅は1953年の調査開始以来、過去最大。

株価は1万円第二まで回復し、景気は下げ止まっているといわれていますが
現実の国民生活は、まだまだ厳しいと言わざる終えません。

また、現在、募集している求人の中身を見ると
正社員での募集は、求人すうの1/4にも満たない状況だと
言われています。

今後もし、企業が求人数を増やすとしても安定的な正社員での募集
ではなく、再び、派遣社員として募集することは目に見えています。

事実、ある自動車メーカーでは、増産に向けて人員を増やす場合には
将来的には正社員として採用する計画で、期間社員を募集すると
いっています。

現状、将来を安心して暮らしていくためにも、景気が回復する前に
派遣法は早期に改正されなければいけないのではないでしょうか。







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。