今話題となっているニュースを私なりに斬っています
エステ体験なら

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






昨日、鳩山由紀夫首相は、閣議決定された新たな経済成長戦略を
首相官邸での記者会見で発表しました。

この会見では、公共事業依存や市場原理主義で失速した日本経済を
環境・健康・観光で需要を創出して、日本経済を成長させるといい
具体的な数字として、環境・健康・観光分野を成長させ100兆円の超の
需要を生み出し、2020年までに年2%を上回る経済成長を実現させ
名目GDPを慰安の1.4倍にし、実業率も3%台へ低下させるととしています。

そのためには、未来への「選択」と「集中」を行い、官民一体とするべく
政治の強力なリーダーシップが不可欠として

「新政権の実行力が試される時だ。何としてもやり切る」

と決意を述べていますが、経済評論家などからはこの成長戦略も
鳩山イニシアチブのように絵に描いた餅でしかないのでないかと
早くも噂されています。

今回の発表は、選挙前から指摘されていた民主党には明確な成長戦略がない
といわれてきたことに対する反論のようなものでしょうが、ここにいたっても
その具体的な施策というのは示されていません。

もっというと、来年度予算はこの成長戦略にのとったものに
なっているかという疑問さえわいてきます。

民主党は、選挙前、マニフェストで国民に様々な政策を公約し
その財源は怒田を省くことで簡単に捻出できると言ってきました。
しかし、実際に政権を取ってみると、思うように無駄を省けず
マニフェストに掲げた政策を実現できずにいます。
その姿を見た国民は、もう、言葉だけでは民主党に期待を持つことは
出来なくなっています。
掲げた理念は、なかなか素晴らしいもののようですが、
今、民主党に求められているのは、それを実現させる
実行力だということを忘れないでもらいたいものです。







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。