年金までもが政争の具に

ここでは、「年金までもが政争の具に」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






年金記録問題をめぐり、与野党が延滞金の優遇策を
相次いで打ち出しています。

自民、公明両党は、企業が厚生年金保険料を延滞した際の
利息を引き下げる改正法案を今国会に提出。
これに対抗して、民主党は社会保険庁のずさんな管理のために
支払われなかった年金には、受給が遅れた期間の利息を
上乗せする法案の提出を検討していという。

これまで、年金問題は社会保険庁のずさんさがが問題となって
野党が与党を攻める形でしたが、与党は企業に保険料を納めやすくする
ことで記録問題の再発防止につなげ、年金問題の矛先を
変えようとしているようです。

このような社会のセーフティーねっとは、小泉改革の小さ政府の名の下
予算が削減されてきました。
ただ、普通に考えれば、少子高齢化社会なのですから
費用負担は毎年増額するのは当たり前。

安心して住める社会を作るために私達は、税金を払っている
のではないのでしょうか。

このような社会生活に直結するもの問題は、選挙が近くならないと
真剣に考えず、選挙が近くなると、国民にのことを考えています
というようなアピール合戦には国民の飽き飽きしていると
思うんですが、どうですか国会議員の先生方。



スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。