過払い請求の広告に制限

ここでは、「過払い請求の広告に制限」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






利息制限法の上限(年15~20%)を超える金利で借金した
債務者に対して、「払い過ぎた金利を取り戻せます」などの
過払い金の返還をアピールする司法書士の広告で、誇大または
過度の期待を抱かせる広告が多すぎるとの苦情が
司法書士会に寄せられているようです。

過払い金請求を巡っては、利息制限法の上限と
出資法の上限(年29.2%)の間の「グレーゾーン金利」を
無効とする最高裁判決(06年)を契機に、社会問題化していますが
司法書士によってはこの過払い金請求は手間のかからない『おいしい仕事』
のようで、中には仕事を引き受けすぎて手が回らず、
「仕事を依頼したのに何カ月も連絡がない」ことまであるそうです。

司法書士は、別名「街の弁護士」ともいわれ、費用的に弁護士に
仕事を頼めない人にとっては正義の味方のような存在のはずです。
仕事を依頼する人は借金に苦しんでいる人達なのですから、
それを騙すよう広告や行為は厳重に取り締まるべきではないでしょうか。


スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。