郵政人事を巡る迷走

ここでは、「郵政人事を巡る迷走」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






日本郵政の西川善文社長の更迭を求めている鳩山総務大臣は、
西川社長続投の場合には、自身の進退をかける考えを強く示唆しました。

 鳩山氏は、「かんぽの宿」売却をめぐる不手際などの責任を
西川氏は取るべきだと主張し続けていますが、政府与党内には
西川氏を更迭すれば郵政改革の後退と受け取られるとして
小泉改革派を中心に根強い反対論があり、麻生首相は総裁選から
支えてくれた盟友の処遇をどうするのか難しい判断を迫られています。


 鳩山氏は、

「最後の一人になっても戦う」
「(続投を認可すれば)自らの正義感とか信念を捨てることになる」
「私は信念を曲げることはしない。それで察してほしい」

西川氏辞任を求め、強いメッセージを発しており、ますがなどと述べていた。
取締役人事の認可権限がある総務相は、株主総会で西川氏続投が決まっても
覆すことが出来ますが、現在の日本郵政の株主は政府であり
株主総会出の決定を総務大臣が認めないということになると
閣内で意見の相違があることになってしまいます。

西川氏は、郵政民営化の際に時の政府が『三顧の礼』で
迎え入れた人ですから、与党としても軽々しく辞めさせる
わけにはいかない事情があります。

 麻生首相は公式には、この問題を鳩山氏の判断にゆだねる
考えを示していますが、周辺には民間企業となった日本郵政の社長人事に
政府が口を出すのは避けたい意向で、「政府が辞めさせることはない」
とも語っているといわれています。

 ただ、鳩山氏は、首相を支える議員でつくる「太郎会」の会長であり
民主党の党首である鳩山氏の実の弟。

もし大臣辞任に発展してしまえば、政権運営へ打撃があるばかりでなく
一気に麻生降ろしや政界再編へ動き出す可能性もなくはありません。
ですから、政府内では、鳩山氏の辞任回避に向け、
妥協案を模索する動きも出ているのですが、鳩山大臣は

「政治家の言葉は軽々しいものであってはいけない」

とも語っっており、この問題は衆議院選挙前の麻生政権の
大きな火種となりそうな気配です。

個人的には、郵政問題に関する鳩山大臣の一連の行動は
最初は国民へのアピールとして有効だったと思いますが
途中からは、やりすぎで、単なる自身のパフォーマンスとしか
受け取れません。

「政治家の言葉は軽々しいものであってはいけない」

といっていますが、舌の根も乾かないうちに軌道修正するのは
政治家の得意技じゃないですか。

結局は、西川氏続投でも大臣は辞任しないのでしょ、鳩山さん。



スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。