地方空港の必要性

ここでは、「地方空港の必要性」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






苦難のすえ6月4日に開港した最後の地方空港である富士山静岡空港は、
連日、ターミナルビル内が行き交う人びとでごった返し、そこかしこに
長い行列ができる大盛況ですが、開港前から懸念されていたことが
早くも現実化しつつあるようです。

 富士山静岡空港には、開港から4日間で約4万6800人が
空港ビルに入館していますが、実際の搭乗客は約6800人。

 開港後4日間の定期便とチャーター便の平均搭乗率は
76.3%と苦戦しています。

国内便である日本航空(JAL)の福岡便にいたっては68.5%と
なっており、週4便の就航予定だった中国東方航空の上海便は、
新型インフルエンザの影響を理由に、6月の定期便6便の欠航。
初便の搭乗率が4割にも満たず、7月以降は運航をするかどうか
検討するなど、このままでは国内3路線、国際2路線の定期便の
路線維持自体が危うい状況にあるようです。

 富士山静岡空港は、山を削り、谷を埋めて造られた影響で
天候が変わりやすく、濃霧や低い雲が発生しやすい空港のため
離発着便が予定通りに進めないことが開港前から懸念されていました。
更に、国内路線の福岡便は、搭乗率が70%を下回った場合、
1席当たり1万5800円の支援金を県が支払うという搭乗率保証しており、
税金を使って空気を福岡まで運ぶという事態が実際に起こっています。

国土の狭い日本に、果たしてこれだけの地方空港が必要なのでしょうか?

ほとんどの地方空港は、赤字に苦しんでおり、一方、関西空港などの
国際空港は、着陸料の高さから国際便の就航が少なくなってきています。

公共事業の1番の無駄は、作る事ではありません。

作った後も維持管理を支払い続けなければいけないところにあるのです。

今、政府は、需要を生み出すためといって再び箱物の公共事業を
赤字国債を使って作ろうとしています。

このことを政治家のせいにするのは簡単ですが、その政治家を
選んでいるのは私達国民です。

結局は、無責任な私達の行動がこのような事態を招いている
ということを、そのその自覚しなければいけないのではないでしょうか。

スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。