“東国原劇場”の結末は

ここでは、「“東国原劇場”の結末は」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






自民党からの出馬要請を受け、次期衆院選候補者の“目玉”として
今話題を集めている宮崎県の東国原英夫知事。

知事が立候補の条件に掲げた「全国知事会の低減のマニュフェスト明記」と
「総裁候補」には自民党内からの厳しい批判が相次いでいて
出馬要請に出向いた古賀選対委員長の去就問題にまで
発展しかねない状況にまできています。

知事は、

「いたって真剣だ。おちょくっていることはない」

と国政進出への意欲を口にしていますが、政治評論家の間では
この知事の発言に対して、

「計算し尽くされた発言だ。
 どう転んでも知事にマイナスになることはなく、したたかさを感じる」

「『総裁候補』を条件に掲げることで、国民向けには
 国政の立て直しに本気で取り組むという姿勢をアピールしている」

「ハードルが高い条件を自民が飲まない限り、
知事職を簡単に放棄することはないというメッセージを打ち出している」

といった肯定的な意見から

「少なくとも知事を1期は務めて実力を蓄えるべきだ。
 今の高い人気には、タレント時代のものもある」

「本当に自信があるなら、条件をつけず、党内から
 総裁待望論がわき上がるのを待つべきだろう。
 むしろ、条件設定は“小物感”を漂わせてしまっている」

といった否定的な意見まで様々あります。

東国原英夫知事が、マスコミに対してこのような発言したことは
何らかの意図があってのことだとは思いますが、少なくとも今回は
知事、自民党両者ともこの作戦は裏目に出てしまったのではないでしょうか。

まず自民党は、国民に対してそこまで落ちぶれてしまったのか
という印象を強く与えてしまいました。

知事側も、総裁ポストを要求するという前代未聞の事態が
思い上がりもはなはだしいという反感を国民から買ってしまっている
可能性があります。

まだ知事側は

「あれは出馬要請を断る方便だった」

と言い訳できますが、自民党側にはそのような言い訳は通用しません。

果たして、この“東国原劇場”の結末はいったいどういうものになるのか
今後の動向が注目されます。

スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。