何もできなかった麻生総理

ここでは、「何もできなかった麻生総理」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






低迷する支持率回復を狙って、党人事や閣僚人事の一新を
図ろうとした麻生首相ですが、盟友の大島理森国会対策委員長や
最大の支持派閥である町村派の森元首相の説得により
閣僚2人を補充する人事のみにとどまりました。

報道によると麻生首相は、静岡県知事選挙や都議会選挙などで
仮に敗れた場合でも、人事をすることで求心力を回復する狙いが
あったようですが、森氏が

「ここまで来て役員人事をやるべきではない。
 細田幹事長らはこれまで『政局より景気だ』と一生懸命やってきた。
 衆院選はこのメンバーで国民に訴えるべきだ」

と説くと、首相もうなずかざるおえず、今後の地方選挙の結果次第では
党内で麻生降しを加速させてしまう危険性があります。

自民党は、鳩山代表を小沢一郎元代表の傀儡だといって
非難しましたが、首相の専任事項である解散権や人事権も
自由に行使できない麻生首相こそ、傀儡政治そのものなのでは
ないでしょうか。

[PR] アンチエイジング 

スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。