自民執行部 麻生降しは封印

ここでは、「自民執行部 麻生降しは封印」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






自民党の中堅・若手を中心に、東京都議選など一連の
地方選挙の敗北で麻生総理の退陣を要求するための
両院総会を求める声が強まっていましたが、執行部は
これ以上のゴタゴタは衆院選にマイナスになると判断し、
衆院解散前の両院議員総会の開催を見送る方針を固めたようです。

東京都の都議選で自民党が大敗し、自・公による過半数を
維持できなかった自民党は、その責任の所在をはっきりするよう
執行部に求め、古賀選対委員長が辞任。

これで自民党は次期衆議院選挙の目玉として
擁立を考えていた東国原知事の出馬も
見送られることが確実となりました。

麻生首相は、来週早々の週銀解散を既に予告しており
国会は選挙モードに突入しているのですが、そんな中でも
ゴタゴタが収まらない自民党では、ドロ舟から飛び降りるべく
反麻生グループの離党と新党結成が噂されています。

まあ、どんな大物でも国会議員は選挙を落ちれば
ただの人な訳ですから、分からないではありませんが
この後に及んでの離党・新党結成はあまりにも浅はか
なのではないでしょうか。

恐らく、次の衆議院選挙では自民党が敗れると思いますが、
同じ敗れるにしても負け方というものがあるのでは?

その姿が、次の次の選挙に影響してくると思うのですがねえ。




スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。