田沢純一メジャー初昇格

ここでは、「田沢純一メジャー初昇格」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







ボストン・レッドソックス傘下の3Aポータケットでプレーしていた
田沢純一投手(23日)が7日、ついにメジャー初昇格を果たしまいた。

 田沢はオフに日本のプロ野球のドラフトを拒否して
レッドソックスとメジャー契約を結んだ話題の投手で、
地元ではドラフト1位指名選手と同等の価値のある選手
と高評価され、将来のローテーションを担う投手として
レッドソックスは英才教育を施していました。

田沢も、チームの期待に応えるように、1年目の
今季はマイナーの2Aポートランドで9勝5敗、防御率2.57の
好成績をマークし、マイナー全体の球宴にあたる
「フューチャーズゲーム」にも選出され世界選抜チームの先発を
任せられるにまで成長し、その後、3Aのポータケット昇格後は
2度の先発で0勝2敗ながら、防御率2.38とまずまずの成績を
あげていました。

田沢のメージャー昇格は、今季からレッドソックスに加入した
元サイ・ヤング賞投手ジョン・スモルツ(42歳)が戦力外となったため。

ですから、松坂やウェークフィールドがDLから戻ってくるまでの間
先発のマウンドを任されるかもしれません。

レッドソックスには、これで松坂、岡島、斉藤、田沢と
4人の日本人投手がいることになりますので、
TV中継を見るがますます楽しみになってきますね。

[PR] 自動車保険料

スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。