ノーベル平和賞になぜオバマ氏が

ここでは、「ノーベル平和賞になぜオバマ氏が」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






昨日、アメリカのオバマ大統領が
ノーベル平和賞を受賞しました。

大統領が就任以来、イランなど「敵対国家」との対話や、核廃絶、
中東和平の仲介に努めるなど、ブッシュ前大統領が与えてしまった
米国の印象を変えようと取り組んできたこととなどが評価されての
受賞のようですが、過去に現職大統領として平和賞を受賞した人達と
比べると、就任1年未満のオバマ大統領の受賞は、具体的な実績が
かけていような気がします。

確かにオバマ氏は大統領y就任以来、よい政策をたくさん約束しています。
しかし、その政策のほとんどはまだ実行に移されている訳ではなく
むしろ経済政策などではいまだに結果を出せていないことから
国内での支持率は低下気味になっています。

今回のオバマ氏のノーベル平和賞受賞は、今後、アメリカが
主導的な立場で世界平和を実現させることを期待されての
ものでしょうから、オバマ大統領には、国内の様々な声に負けずに
政策を実行していって欲しいものだと思います。

スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。