黒田の好投でドジャースリーグ優勝決定戦へ

ここでは、「黒田の好投でドジャースリーグ優勝決定戦へ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






 ドジャースの黒田がプレーオフで初登板し6回1/3を無失点

 という好投で勝利に貢献し、1988年以来の地区シリーズ突破を

 果たしました。

 相手のカブスの福留は、途中出場でヒットを放ちましたが

 ファンの期待に応えることができなかったようです。

 福留と黒田は、今シーズ、大型契約で鳴り物入りでメジャーに

 入団しましたが、その評価は非常に好対照となってしまいた。

 福留は、前半戦こそオールスターに選ばれるくらいの

 素晴らしい活躍をしましたが、後半には失速。

 プレーオフでも不振から、来期のトレード要員になりそうな雰囲気です。

 一方の黒田は、9勝しかあげられませんでした球数の少なく安定した

 ピッチングで試合を作れる投手としてローテーションを守ってきました。

 打線の援護が少なく、好投しても勝利に結びつかない試合も多くありましたが

 おおむね契約に劣らない活躍したのではないでしょうか。

 日本同様、アメリカに渡ってもあまり注目を浴びない黒田ですが、

 できれば、このままチームの勝利に貢献してワールドシリーズに進出して

 欲しいものです。
 
 アメリカンリーグは、ボストンが進出したら、松坂対黒田の投げ合いが

 見られますし、なんといっても今シーズンボストンからドジャースに移籍した

 ラミレスが、古巣相手にワールドシリーズを戦うという興味深い対決が見られます。

 ワールドシリーズでの日本人投手の対決。

 考えただけでもわくわくしてきますね。

スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。