森喜朗元首相が行政刷新会議の事業仕分けを批判、しかし

ここでは、「森喜朗元首相が行政刷新会議の事業仕分けを批判、しかし」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






国民から大いに注目された予算の無駄を削減する「事業仕分け」。

今回の「事業仕分け」によって、官庁の予算の要求の内実が
白日の下にさらされたことには、かなり意義があったと思うのですが
一部では、財務省が書いたシナリオ通りに事が進行する
民主党の1種のパフォーマンスとも批判されています。

そんな中、インターネットの動画投稿サイト「ニコニコ動画」の生放送収録で
森喜朗元首相が行政刷新会議の事業仕分けを

「国会議員の仕事を捨てていることになる。
 議会が予算を作って、これがいいか悪いか、
 となったら議員はいらない」

と批判したそうです。

そうです、森元首相。

あなたが言う通り、本来は、議員が予算の中身を
審議すべき。
しかし、今回の「事業仕分け」で明らかになったように
これまでの国会議員や政府は、そんな基本的なことさえ
満足にしてこなかったのです。

さすが、歴代の中での、最低に近い支持率を残した
内閣を率いたお方。

国民の気持ちを理解なさっていなようですね。

私は、これまでのような国会議員なんか要らないと思って
政権交代を望んだんです。

あなたの言うように、地元に対する利益誘導の族議員なんて
国会には不要なのですよ。

スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。