ジェイコム株誤発注 司法は東証に責任ありと判断

ここでは、「ジェイコム株誤発注 司法は東証に責任ありと判断」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






一瞬で20億円超を稼ぎ出したディトレーダーが
一時メディアで話題になりましたが、誤発注をしたみずほ証券は
システム不具合により損害を受けたとして東証に対して
損害賠償訴訟を起こしていましたが、東京地裁は
みずほ証券の「自己責任」を認めつつも、「東証の備えは不十分だった」
として約107億円の賠償を命じる判決を下しました。

これに対して東証側は、

「そもそもの発端は証券会社側の誤発注。
 その後の『対処』をした東証に重度な責任を負わせたのは
 忸怩(じくじ)たる思いがある」

とその判決に不服を述べています。

確かに、自由市場においては

「取引所が人の注文を勝手に止める権限はない。
 相当の違法行為がない限り、介入しない」

という東証の斉藤社長の反論には、納得のいく部分があります。
しかし、同考えても上場したばかりの会社の株式が
61万株も売りに出されるのは不自然であり、
このような異常な注文に対しては、確定前に確認を即すやり方が
システム上に備わっているべきではあると思います。

ただ、これはあくまで個人レベルの話であり
他の銘柄ならば証券会社からの発注なら、このくらいの数は
ありえるとも考えられることから、東証にここまでの
責任を負わせるべきかどうかは議論が分かれるところでしょう。

いずれにせよ、みずほ証券にしてみれば、この誤発注による損失は
莫大なものがあったでしょうから、その損失を少しでも減らすため
東証に責任を取ってもらおうと考えたのだと思いますが、
恐らく東証側は上告し、最終的には最高裁に判断を委ねることに
なるでしょうが、司法がどのような判断を下すのかが注目されますね。

スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。