松井秀喜エンゼルスと合意間近

ここでは、「松井秀喜エンゼルスと合意間近」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






WSMVPを獲得し、ヤンキースからFAとなっている松井秀喜選手が
ロサンゼルス・エンゼルスと1年650万ドル(約5億8000万円)で
契約合意間近だと米紙『ニューヨーク・タイムズ』が報じています。

新聞報道によると、エンゼルスと松井側はすでに契約合意済みであり、
身体検査をパスするのを待って正式発表になる模様。
同紙は、評価の低いヤンキースからのオファーを待たずに
エンゼルスのオファーを受け入れたのは、松井にとって賢い選択だと
評価しており、松井選手が仮にヤンキースに残留したとしても
今年よりも出場試合数が制限されることが予想されていましたから
より多く試合で松井選手が見られる今回の移籍決断は日本のファンにとっても
嬉しい出来事といえるでしょう。

エンゼルスは、今年のポストシーズンでヤンキースとリーグチャンピオンを
争った相手ですし、昨年もヤンキースからFAとなったアブレイユを獲得し
チーム力を向上させています。
エンゼルスも今オフはDHの中軸ゲレロがフリーエージェント(FA)と
なっており、再契約には高額な年棒が必要とされていましたから
成績が下降気味の主砲に高年棒を払うよりは、WSMVPでありながら
比較的お得な契約で獲得できる松井を獲得した方がいいと判断したのでしょう。

松井に赤いユニホームはなんとなく似合っていない気もしますが
来シーズンは、今年のアブレイユのようにヤンキースを見返すくらい
の活躍をして欲しいものですね。


スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。