結局マニフェストに意味はなかった!?

ここでは、「結局マニフェストに意味はなかった!?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






民主党は16日、2010年度予算と税制に関する18項目の重点要望を決定し、
小沢一郎幹事長らが首相官邸を訪ね、鳩山由紀夫首相に
申し入れたのですが、その中には、民主党が選挙前に
政権公約としていた、ガソリンの暫定税率廃止を
撤回しています。

確かに、マニフェストにがんじがらめとなってしまっては
民主党はスムーズな政権運営をできないことはわかります。
また、国民もマニフェストがすぐに全て実現するとは
思っていなかったと思います。

しかし、マニフェストは民主党が選挙前に言っていた通り
国民と政府の約束です。
少なくとも、その約束を反故にするのであれば、その合理的な理由を
きちんと国民に説明する責任があるのではないでしょうか。

民主党が国民と約束したのは、たった3ヶ月前の話です。

しかも、政府内では、先の選挙で圧勝したで民主党よりも
連立を組む国民新党や社民党の方が存在感を示しています。
民主党は、週銀選挙の勢いそのままに、来年の参議院選挙を
戦いのでしょうが、今のままの民主党政権では参議院選挙までに
国民に愛想をつかされてしまうのではないでしょうか。
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。