補正予算の中身

ここでは、「補正予算の中身」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






 金融不安にによる世界経済の信用縮小が止まりません。

 本日の日経平均は、前日の米株式相場が500ドル以上の下げ相場

 で展開したことから、取引引き開始直後から平均株価が1万円を

 割り込んでおり、年初から27.5%下落し、159兆円もの資産がが

 吹き飛んだ計算になります。

 日銀も声明で経済の停滞が長期化する可能性があることを

 示唆しており、先行きの不透明感が一層強まっています。

 このような経済状況の中、国会では緊急経済対策を盛り込んだ

 2008年度補正予算案が衆議院で可決される見通しとなったようです。

 ただ、この補正予算、みなさんその内容を知っていますか?

 なぜマスコミは、この補正予算案の内容を詳しく解説しないのでしょうか?

 麻生総理は、緊急の景気対策としてこの補正予算の成立の重要性を

 国会などで何度も答弁しています。

 しかし、マスコミも国会も衆議院の解散総選挙の話題ばかりで

 補正予算の中身の是非を審議しているとは思えないのです。

 思い切った緊急経済対策が望まれる今、総額で1兆8080億円もの

 税金が使わ用途しているわけですから、その中身はどのようなものか

 国民は知る必要があるでしょう。

 国会でその中身が審議されているとはいえ、どのような中身なのか

 よくわからず、総選挙になだれこまれてはこの補正予算がまったくの無駄

 担ってしまう可能性があるはずです。

 本当に効果のある経済政策を実行してもらうためにも、

 もっときちんとした説明責任が政府にはあると思うのですが、どうなんでしょう。

スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。