後期高齢者医療制度どこが一体悪いのか

ここでは、「後期高齢者医療制度どこが一体悪いのか」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







 昨日から、サラリーマンの扶養家族となっていた人や健保組合などからの

 移行者も後期高齢者医療制度の保険料を支払うことになりました。

 この後期高齢者医療制度、そのネーミングや年金から天引きするなど

 その制度そのものより、周辺のことのほうが大きな話題となっている

 きがします。

 そして、これらのことで怒っている高齢者は、感情的に怒っているだけなのでは?

 年金が主な収入源の高齢者にとって、今まで支払う必要のなかったお金を

 支払うことになるのですから、年金の使える額が減るのは当たり前です。

 でも、天引きでされているから、貰えるお金が少なくなった気がしていませんか?
 
 だいたい、天引きで怒っているのだとしたら、その人たちは保険料を支払う意思が

 最初からないといっているようなものではないですか?

 この制度の問題は、後期高齢者の保険組合の財政基盤が非常にもろく

 今後は、保険料が爆発的に増えてしまうこと。

 しかも地域ごとに格差が出てきてしまう可能性があり、特に地方に済んでいる人のほうが

 税負担がが重くなり可能性が高く、公平性にかける制度であることです。

 後期高齢者といわれる世代が叫ばなければいけないのは、

 今の国民年金の金額で、憲法で保障されている人間らしい生活が

 本当にできるのかという点ではないでしょうか。

[PR]
一人暮らし
ダイエット 器具
アルバイト
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。