自民党の最後のチャンス

ここでは、「自民党の最後のチャンス」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






 麻生総理は、世界的な金融不安による

 経済状況の悪化により、政治的空白を作るのを避けるべく

 年内の解散を見送る方針を決めたようです。

 金融不安の発祥地であるアメリカが大統領選挙で
 
 長期的な政策を打ち出せないこの時期に、日本が

 リーダシップをとって経済不安を払拭させようというのが

 麻生総理の狙いのようですが、これで解散総選挙は

 現在の経済状況を踏まえると、任期満了の来年9月まで

 行なわれない可能性も高くなってきました。

 麻生さんが総理に就任して以来、自民党及び内閣支持率は

 低迷しており、次の衆議院選挙で自民・公明が勝つには

 この難局を乗り越え、未来に明るい兆しが見られるような政策を

 実行していかなければならないでしょうが、はたしてそれが

 本当に出来るのか、いよいよ正念場を迎えているといって

 いいでしょう。

 しかし、これで民主党を中心とする野党は、国会運営の方針を

 これまでの早期解散を睨んだ自民党案丸飲みから、対立路線へと

 変更するでしょうから、補正予算や来年度の予算に関しても

 これまで通りというわけにはいかず、麻生総理はより苦しい

 立場に立たされることでしょう。

 解散を先送りしてまで、日本経済の立直しを行なうと決めた

 自民党は、これから与党しての最後のチャンスでしょう。

 もし、なにも有効な政策を打ち出せなかった場合には

 次の選挙だけでなく、今後の自民党への信頼が揺るぐものに

 なってしまう気がします。

 今こそ、自民党は本気になって国民のための政策を立案し、

 実行しなければなりません。

 麻生さん。

 その猶予は、今この瞬間も、刻一刻となくなってしまっていることを

 肝に銘じておかないと、歴史に汚点を残す総理となりかねませんよ。

スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。