WBCの存在意義

ここでは、「WBCの存在意義」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






 WBCの日本代表候補にに挙がった中日の選手すべてが

 辞退したことについて落合監督は

「現場もフロントもタッチしていない。あくまで選手個人の判断」

 と話し、一部で「ボイコット」などと報じられたことに反論した。

 あくまでも個人の判断であって、選手は個人事業主なのだから

 出場を辞退する権利があるとのこと。

 各種メディアの論調では、日本が一つにまとまるのに

 水をさしたという感じの論調ですが、個人的には今の段階でいえば

 WBCにそれだけの権威がない以上、しかたのないことだといえるのでは

 ないでしょうか。

 イチロー選手などは、WBCをより権威のある大会にしていきたいと

 考えているようですが、選手としてメリットがあまり多くないWBCが、

 今後そのステータスを高めるのは難しい気がします。

 まず、今の段階ではこの大会に出場することで選手にメリットが

 あまりないばかりか、かえって怪我というリスクやシーズンに向けての

 調整の難しさというデメリットが多く感じられます。

 野球界は、この大会をサッカーのW杯のような大会にしたいと

 おもっているのでしょうが、W杯は選手にとってもクラブにとっても

 ある程度メリットがある大会なのと、歴史の重みがあるので

 成り立っているのです。

 サッカーでも、トップクラブに所属しているベテラン選手は

 代表を辞退していますし、W杯に出場することで選手は世界的な

 自分の名前を売うことができ、ビッククラブへの移籍の足がかりとなります。

 クラブにとってもここで名声を得た選手を獲得することは

 クラブの収入に多大な影響を及ぼし、また選手獲得の見本市となっているのです。

 正直、今のWBCは選手の善意に頼っているのが事実。

 これから、歴史を積み重ねることによってその権威が確立されるのでしょうし

 そのためには、トップレベルの選手が出場し、トップレベルの試合を

 繰り広げる必要がありますが、現段階では、参加することに

 消極的な選手が出てくるのは仕方のないことではないでしょうか。

スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。