時間を逆戻りさせるのか

ここでは、「時間を逆戻りさせるのか」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






 自民党は2日午前の総務会で、政府の経済財政諮問会議がまとめた

 2009年度予算編成の基本方針について、今後3年間は、

 公共事業費の3%削減と社会保障費の伸びを2200億円抑制するという

 政府の方針を撤回するよう求めるようです。

 自民党内では、

「公共事業をこの段階で悪と言ったら何の政策も打てない」(加藤紘一氏)

 などの意見が相次ぎ、もし政府が党側の要求に応じない場合、

 「(09年度予算案を了承するのは)難しくなる。」

 と麻生総理に注文をつきつけた格好だ。

 これは、麻生人気にかげりが見えてきた今、選挙対策として

 公共事業でもばら撒きをしようというのではないでしょうか。

 自民党は、地方が自由に使える交付金1兆円に関しても

 公共事業に限定して使うよう要請するようだが、こんなひも付きでしか

 使えないようなお金では意味がないのではないでしょうか。

 すでに公共事業の経済効果は、非常に薄れていることは

 バブル崩壊後のこれまでの経済政策で実証済みです。

 国会議員の利権ともいえる公共事業を、国会議員自らが手放さない限り

 財政再建などは夢物語でしかなく、官僚政治の改革まどできるはずが

 ないでしょう。


 
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。