年金の財源が埋蔵金では

ここでは、「年金の財源が埋蔵金では」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






来年度から行なわれる基礎年金の国庫負担増について

与謝野馨経済財政担当相は

「税負担増で09年度に安定財源を確保するのはほとんど不可能な経済情勢」

と述べ、「埋蔵金」と呼ばれる財政投融資特別会計の

金利変動準備金の活用はやむを得ないとの認識を示した。

この議論は、麻生総理が就任直後の所信表明演説で、4月からの実施を

明言したにもかかわらず、最近では来年度中の実施すればいいという

発言をしてしまい物議をかもしています。

コレを受けて、来年4月から実施する際に必要となる国庫負担分

2兆4000億円をとりあえず埋蔵金で埋めようというのでしょうが、

埋蔵金は、所詮、1時金でいつまでもあるものではありません。

来年度からは、一体、何を財源とするのかまたは何を削って

年金分にあてるのかを決めておかなくてはどうしようもないでしょう。

麻生総理の得意技は、結論の先送りと迷走ですが、ここでも

目先のつじつまをあわせておいて、本当に大切なことは

決めずに先送りしていまうのでしょうか。

スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。