いいように使われているのは

ここでは、「いいように使われているのは」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






世界経済の悪化で、自動車や電機などの輸出企業の
製造業を中心に派遣社員のリストラの嵐が吹き荒れています。

ですが、彼ら以上に使い捨て労働者として企業にいいように
使われてきたのが非正規雇用の外国人労働者。

彼らは、バブル崩壊後の人手不足の穴埋めとして、
日本人では嫌がるような仕事をしてこのところの
日本経済を支えてきました。

彼らの中には、母国から妻子や家族を呼び寄せて
永住を心に決め、家を購入した人までいます。
そんな彼らも、今回の経済不況でクビを切られているのです。

彼らを日本に呼び寄せたのは他でもない、企業や政府です。
ですが、いらなくなったらポイ捨てで、その後のことはお構いなし。

日本人なら最後の手段として生活保護を受けることが出来ますが
彼らには、その手段さえ残されていないのではないでしょうか。

政府が打ち出している経済対策は、ここ10年間行なわれてきた政策の
金額を大きくしたものでしかなく、人手不足が深刻な医療や介護、農業
といった分野に人材をシフトさせるようなものではありません。

今こそ、これから分野に人材をシフトさせる政策を打ち出せば、
雇用も創出されますし、将来の不安要素も取り除けるはず。

政局よりも政策といいながら、政局のための政策を行なっていては
自民党や麻生さんに対する評価を改善することはできません。

今こそ、国民目線にたったアイのある政治を行なって欲しいものだと
心底願います。

スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。