国と地方の借金総額は800兆円に

ここでは、「国と地方の借金総額は800兆円に」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






財務省が20日発表した09年度の国債発行計画によると
過去に発行した国債の借り換えを含む09年度度には
国債発行総額が132兆2854億円となり見通しとなったそうです。
国債発行額は08年度当初と比べると5兆9954億円増加し
この結果、国と地方を合わせた借金の総額である長期債務残高は
09年度末には804兆円を超え、国内総生産の1・6倍にまで
膨れ上がります。
この数字は、EU加盟国とは比べるまDめおなく先進国で最悪。

世界的な景気低迷を受けて、これまでの財政債権路線を
転換しなければならなかったとはいえ、国家財政は
破綻寸前ともいえるでしょう。

知られていることですが、国の本予算と特別会計では
特別会計の方が2倍の規模です。
しかもその特別会計から、公益法人や独立行政法人に流れている
お金は、年間12兆円を超えています。
この特別会計も含めて、財政再建策を練らなければ
800兆円の借金を返済することはできないでしょう。

国や地方の借金は必ず返済されるものと思われがちですが
実は、この借金をチャラにする方法というのが存在します。
事実、日本は第2時世界大戦敗戦後、戦費に使った借金を
この方法で解消しました。

しかし、今、この方法を使って借金を解消しようとすれば
日本は信用をなくして、経済はガタガタになります。
官僚や官邸の人達は、誰がこの借金を払うと思っている
のでしょうか?
少なくとも自分たちではないから、これほど無駄使いが
できるのでしょうね。

スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。