2009年は選挙の年

ここでは、「2009年は選挙の年」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






2009年は、いよいよ衆議院選挙の年です。

福田政権から麻生政権に交代した後は、
解散総選挙の時期がいつになるのかが
最大の関心事でしたが、麻生さんがどんなに
決断を延ばしても、今年の9月には衆議院の任期が
満了し、総選挙が行なわれます。

僕は、朝日テレビで放映されている
「テレビタックルが好きでよく見ているのですが
その中で、次の選挙では民主党の単独政権まで
予想している人がいます。

このままいけば、恐らく次の選挙では
自民党が野党に野党に下野してしまうでしょう。
ですが、これは国民が民主党に期待を持って
投票するわけではけっしてないと思います。

更にいえば、自民党の政策に怒りって、
自民党を否定しているわけでもないように感じます。

つまり国民は、今の閉塞感を打破するために
とにかく変革を望んでいるのではないでしょうか。
この思いは、小泉さんの頃から国民が思っていた
ことだと思います。

小泉さんいう郵政選挙で、国民が自民党に投票したのは
郵政民営化に賛成したのではなく、小泉さんが
自民党の中から自民党をぶっ潰すことへの
期待の現われだったのではないでしょうか。

しかし、小泉改革も結局は自民党をぶっ潰すには
いたらなかったわけですから、次の変革も旗印として
民主党が浮上したに過ぎない気がするのです。

よくよく考えれば、民主議員の多くは
元自民党議員の人達です。

政権が、自民から民主に変わったとしても
政策の中身が劇的に変わるとは思えません。

ましてや、政権を担当したことのない民主党が
政権をとったとしても、果たして公約をどれだけ守れるのか
その実力は未知数です。

しかし、それでも国民は何かしらの変革に
期待をせざるおえないのではないでしょうか。

[PR]
中古車 査定


スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。