どうせ配るなら

ここでは、「どうせ配るなら」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






平成20年度第2次補正予算の目玉である総額2兆円規模の定額給付金。
この財源自体は、霞ヶ関の埋蔵金とも言われる特別会計の剰余金で
まかなわれますが、給付事業の実施に825億円もの経費がかかり、
そのお金は、予算でまかなわれます。
また、2兆円は、本来、国債償還に充てる予定のお金ですが
これを定額給付金としてばらまくことで、国債費(利子・償還費用)は、
毎年約800億円も膨らむという試算がもあります。

これだけの経費と、将来の利息を払いながら、4人家族で
¥68,000しか払われないのでは、景気対策としてはいかにも
小粒ですし、生活支援だとしたら遅すぎる政策のような気がします。

僕は、たけしのTVタックルが好きでよく見るのですが
今日そこで森永卓郎と三宅さんがいった景気対策が
1番的を得ている気がします。

それは、政府紙幣を50兆円発行し、その内の25兆円を
定額給付金として無常権威国民に配り、残りの25兆円で
日本の株式を購入するというもの。

これなら、定額給付金は1人20万円配られますから
景気刺激策としても効果があると思いますし。
このお金は景気が回復して株価が倍になった時に売却すれば
政府は、税金を一銭も使うことはないというもの。

問題点は、インフレを招く危険性があることと
25兆円も株式を株価に影響を与えないように売却できるかと
本当に株価が倍になるのか?というところです。

僕は、どちらかというと民主党の政策を支持することが多いのですが
今の民主党の経済政策には、賛成しかねることが多いです。

民主党を含む野党の経済政策というのは、恒久的に必要な
政策が多く、今の経済を支えるための緊急的政策を打ち出していません。
今の経済状況では、どちらか一方を選ぶのではなく
恒久的な政策と緊急経済対策、両方が必要なのです。

定額給付金に反対ならば、次の政権与党を目指す党として
緊急経済対策の代替案を自民党に示すべきです。
それが出来ないのなら、与党の資格はないのではないでしょうか。


スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。